ライフハック

オナ禁関連

オナ禁研究「夢精・セクリセ」編

前回の記事で、オナ禁とは結局のところ、オナニーによる脳内物質中毒の状態から脱する試みである、ということをわかっていただけたかと思う。 オナニーで得られる快感が強ければ強いほど、また同じかそれ以上の快感=脳内物質を渇望してしまう。 飲んで...
オナ禁関連

オナ禁研究「試練」編

前回の記事ではオナ禁パラディンへ至るための奥義「素抜き」について解説した。 とはいえ、奥義「素抜き」さえすればすぐにパラディンになれるか?というと、難しいと思う。 そのことは、実践者である僕自身が感じていたことだ。 その難しさについて...
オナ禁関連

オナ禁研究「奥義『素抜き』」編

前回記事でオナニー後に憑依するオナニーファントムの強さは、そのオナニーの快感強度に比例すると述べた。 強い快感=大量の脳内物質=強い依存・中毒=強ファントム憑依、というメカニズムだ。 ということは、オナニーの快感強度を下げれば、脳内物質...
オナ禁関連

オナ禁研究「亡霊攻略」編

前回の記事に続き、本記事ではオナ禁中級者が必ずつまずくであろうオナニーファントムについて解説する。 オナニーファントムを攻略できればオナ禁パラディンへの道は一気に開ける。 オナニーファントムの正体=脳内物質 結論からいくと、オナニ...
オナ禁関連

オナ禁研究「回避」編

前回の記事では欲情の条件として「エロトリガー」の概念を説明し、それを起点として派生する「オナメモリー」と「オナニーファントム」の存在について解説した。 本記事ではそれらの回避方法や、立ち向かう術について解説する。 オナメモリーの根治...
オナ禁関連

オナ禁研究「欲情条件」編

前回の記事では主にフィジカル面での変化について解説した。 続く本記事では、なぜ我々はオナってしまうのか、リセットしてしまうのか、について自らの体験を基に持論と処方箋を提示していく。 記録は語る 僕は2018年7月4日から「◯禁タイ...
オナ禁関連

オナ禁研究「チャージ」編

前回の記事ではオナ禁にはステージがあり、自分がどのステージにいるかを把握することが必要だと述べた。 続く本記事では、オナニーによるフィジカル面への悪影響と、そこからの回復(チャージ)について僕の経験からの研究成果を共有する。 精子再...
オナ禁関連

オナ禁研究「ステージ」編

3年間のオナ禁実施録 僕が聖帝サウザー師匠に出会ったのは2018年の6月。早いもので、もうすぐ3年になる。 師匠からはさまざまなことを教わったが、その中のひとつにオナ禁がある。 そうしてオナ禁への試みがスタートし、その中で日数をス...
ライフハック

僕のコーヒー遍歴とオススメコーヒー

僕は20代後半から、急にコーヒーが好きになった。 それまでは缶コーヒーも大して好きじゃないし、家で飲むインスタントコーヒーも大して好きではなかった。 そんな僕が、ここ2年ほどでコーヒー豆を購入し、自分で挽いて飲むようになった。 ...
ライフハック

【感想】『覇王の家』司馬遼太郎

読書感想文記事。 今回は『覇王の家』司馬遼太郎について。 簡単なあらすじ 本作は徳川家康という偉人を、様々な角度から考察した研究書といえる。 決して、単なる歴史小説ではない。 むしろ、学術的な雰囲気さえある。 こ...