「サウザー白熱教室」課金マシーンと化した話

サウザー白熱教室

サウザーの白熱教室というオーディオブックをご存知だろうか?「Note」にてダウンロードできる有料の音声コンテンツのことです。

サウザーの白熱教室(リンク)

 

8月から値上げ(現在は完了)

サウザーさんいわく、7月が決算月であり、法人設立から2年との事で、2018年8月からは消費税がかかるので、値上げを行うとの告知がありました。増税前にモロ駆け込んでいるうちの一人が僕です。例えば1480円のものは+200円の予定だそうです。これは消費税が10%まで上がるので、それを見越しての設定との事。

駆け込みましょう笑
(2018年9月からは既に改定後の単価となっています)

Voicyから入りました

Voicyという新しいメディアから、ぼくはサウザーさんを知りました。このVoicyには選ばれた人がパーソナリティとして自分の番組を作っているわけですが、その中の人気者(チャンネル登録者数でトップクラス)がサウザーさんなのです。

Voicyのパーソナリティは招待制で、誰もがパーソナリティになれるわけではありません。Voicyの社長と面接もあるそうです。そのためパーソナリティさんたちはどの人も一流の方々ですので一度覗いてみてください。

(追記)2018年12月31日をもって、サウザー氏は書籍執筆に集中すべくVoicy活動を一時中断(冬眠)。不定期の配信となる予定。

(追記2)2019年4月1日より定期更新を再開。

Voicyの良い理由

車移動が多いぼくは、運転中に暇なので今まではYouTubeを垂れ流して”聴いて”ました。(動画を見るのは普通に危険。ダメ絶対)音声メインのやつをスピーカーから流して聞く感じでした。ホリエモンチャンネルなど)あとはメタルギアの無線シリーズとか、やはり聞く系。
これはこれで良かったのですが、youtubeはiPhoneをスリープにするとオフになる(※)ので電池の消費が激しいという問題が発生(ポケットWi-Fiも)さらにポケWi-Fiは地下鉄やトンネルは電波が不安定なこともあるし、遠方はWiMAXの圏外になっちゃう事もありました。

Voicyはスリープにしてもオフにならないし、通信量も多くないみたいなので(明確なデータはないが…)電池残量に大きな支障がありません。今では運転や家事のお供になっています。ながらで情報収集できるのはとても効率的ですし家事してる時の時間もったいないな感がだいぶ和らぎます

追記(※):YouTubeプレミアムの登場により画面オフでもYouTubeは聴けるようになった。

白熱教室がもっと良い理由

Voicyも十分に良い。毎日ヘビーユースしてます。毎日更新しているパーソナリティも多く、飽きがこないですし、それぞれ違う分野に特化しているので気分によりジャンルを選択できます。ただそれをも上回る利点が白熱教室にはあります。

白熱教室はmp3形式でダウンロードできる。つまりiTuneに入れる事ができるのです。これにより電池電波の問題から解放されます。

決して高くない

サウザーさんの白熱教室は500円から、1180円、1480円(価格改訂後は約+200円程)の価格設定がなされています。だいたい1本1時間程の長さです。1人のゲストもしくはテーマに対して4〜6本組みの構成となっており1シリーズ揃えようとすると大体7000〜8000円となります。総収録時間としては1シリーズで4〜5時間ほどです。

ぼくも、オーディオブックというものを買うのは初だったので最初は戸惑いましたが、Noteの商品ページにあるお試し版(30秒)を聞いて迷いは消えてポチっていました。というか既にVoicyでサウザーさんの思考が気に入っていたというのもあります。値上げもあるしねw

1シリーズ約8000円。さてこれはパッと見、高いと思うかもしれません。サウザーさんいわく、「1本分=ビジネス書1冊分と同じくらい」という単価設定のようです。それが5冊ということですね。

このお値段について考察します。もしこのオーディオブックの内容を、情報を自分で手に入れようとしたらどうすればよいのでしょうか。今の何の実績もない僕が、ゲストとなっている人々にお話を聞きに行く…アポとるのは限りなく不可能!恋愛工学という界隈で昔から著名なサウザーさんだからこそゲストの皆さんにアポが取れるのです。まずこのサウザーさんの信用ありきのスタートである点が大きい。

次に、もし何かの間違いでゲストさんに会える事になったとしてもコスト(交通費・飲食代)はかかります。台湾などへも飛行機で取材に行っています。それだけでなく、サウザー氏と対談しているゲストも同じくその道のプロであり、彼らの1日を使ってくれているのです。これを何十人とやる事は時間制約的にも無理でしょう。

そんなエキスパートの人たちの5時間の対談が8000円で聞ける、と考えると逆に安くないですかという話になります(実際、足立先生というゲストの方には「安すぎです」と突っ込まれています)。しかも先述のmp3形式で聴けるというのは正直に「お得」だと思います。

オーディオブックは自分の好きなタイミングでしかも何度でも聴けるという点も優れています。こういう商品を作ろうと思ったサウザーさんもまた、過去にオーディオブックをかなり買って聴いていたとのこと。自身がハードユーザーだからこその発想ですね。しかもCDからPCに落とすという手間もない。

友達や同僚と飲みに行ってカラオケ行ったら簡単に1万円使っちゃうじゃないですか。そういうことに虚しさを感じている人は是非。

この記事にてサウザー白熱教室についての掘り下げ感想を述べています。そして各シリーズの感想をまとめていますのでご興味ある方はどぞ。

コメント